1年でTOEIC 900 英語真っすぐリーディング講座

2016年5月リニューアルの新TOEICで力を発揮!
本ページは、実用英語にも役立つ本物の英語力をつけるものですし、新TOEICでは、リーディング重視に変更されたので、形式変更で力を発揮します。


 1年でTOEIC 900達成
 現在はTOEIC 990(満点)、英検1級を取得
 合計15万人以上が読んでいる無料英語学習メルマガ、年間発行の実績
 が訪れる英語学習サイト、年間運営の実績
 講座(セミナー)累計に英語指導の実績
 受講生さんは等の実績
 英語苦手な受講生さんも



 
こんにちは! 鈴木 拓と申します。

2001年から年間、講座(セミナー)やサイト、メルマガ(メールマガジン)を通じて英語指導、英語学習のアドバイス等をさせていただいており、大変ご好評いただいております。

おかげさまで、講座の受講生さんは名様を突破いたしました。

講座などは『English Journal』『日経Woman』『国内でTOEICテスト990点』『English Plus』などの雑誌・書籍に掲載実績があります。


リスニングや英会話に比べると、比較的日本人が得意だとされている、「リーディング」。しかし、実は、悩みを抱えている人は多いんです。

年間にわたって、名の方に英語指導をさせていただいた経験があるのでよくわかりますが、よく以下のようなご相談を承ります。



日本人はリーディングが得意な方だと思われ勝ちですが、実はそんなことはないのです。むしろ、リスニングや英会話の方が、下手に学校で「間違った方法」を習っていない分、マシとも言えます。

日本の、中学・高校では、リーディングは、日本語に訳して読むように教わります。



これは、中学・高校の授業や定期試験で、見聞きしたフレーズだと思います。

しかし、日本語に訳して読む読み方では、様々な弊害があるのです。それを知らずに、「英語は日本語に訳して読むものだ」と思って、そのまま英語学習を続けて行くと、↓のような症状が出てくるわけです。



しかし、名の方に英語指導をさせていただいた経験上しっかりと言えますが、



正しい読み方を身に付ければ、英字新聞や洋書なども読めるようになって行き、来「知っている単語なのに、文全体の意味がわからない」ということが減って行き、徐々に、日本語を読むように読めるようになって行くのです。
では、そもそも、なぜ日本語に訳して読むことがよくないのでしょうか? それにはいろいろな理由がありますが、最もわかりやすい弊害が、



この弊害はご存知の方も多いかと思いますが、例を交えて説明しておきますね。例えば、↓の文。

The communication director announced that the company was planing to venture into the Chinese market because they saw a lot of potential in the market of 1.3 billion people.
「広報責任者は、13億人の市場に多くの可能性があると見て、会社は中国市場に進出する予定だと発表した

注目してほしいのは、赤字で表示している、announced発表したの部分。

英語では、比較的前にあるのに、日本語では一番最後に出て来ていますよね。

よく見てみると、英語と日本語で、語順が違うのは、announcedと発表しただけではありません。The communication directorと広報責任者以外は、ほとんど、英語と日本語では語順が違います

これだけ、まったく構造が違う英語を、日本語に訳して読もうとすると、何度も読み直すことになってしまうのです。極端な話、↓のような思考に陥ってしまうのです。


「広報責任者は発表した、会社は計画している…。えーと、広報責任者は会社は計画していると発表したか…。

進出する、中国市場へ…。つまり、広報責任者は会社は中国市場に進出すると計画していると発表した、か…。

なぜなら、見ている、多くの可能性を…。えーと、広報責任者は、多くの可能性を見ているから、会社は中国市場に進出する予定だと発表したか、…。

市場に、13億人の。なるほど、広報責任者は、広報責任者は、13億人の市場に多くの可能性があると見て、会社は中国市場に進出する予定だと発表した、っていう意味だったんだな。」



↑の思考は、確かに極端な例です。しかし、日本語に訳すことによって生じる読み返し、つまり「返り読み」をしてしまう方は非常に多いのです。↑のようには返り読みしてないかもしれませんが、1回以上返り読みしてしまっている方は少なくないはずです。

それに、実はもっと酷い人だっているんです。例えば、↑の英文の例で言ったら、


「会社は多くの可能性を見ている? んー、可能性があると見ている? 可能性を見いだした?」



というように、



のです。

翻訳者や通訳になりたい方の場合は話は別ですが、



中学・高校では、確かに日本語に訳すことを要求されます。しかし、それは、「生徒がちゃんと英語を理解しているかどうかをチェックする」のが目的であって、「日本語に訳して読むのがいい方法だから」ではないんです。

自分で、英文を読むときは、自分が意味がわかればいいんです。日本語に訳すなとは言いませんが、英語を読んでいるのに、日本語の語順で読んだり、綺麗な日本語にする必要などまったくないのです。


と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それは、短くて簡単な文の話。実は単語の意味をつなげただけでは、長い文や複雑な文は読めないことがあるのです。

例えば、↓の英文を、左から右に真っすぐ、返り読みをしないで読んでみてください。イディオム(熟語)はまったく使っていません。むずかしい単語はほとんど使われていません。あえて言えば、

・accuse 非難する
・lead to 〜につながる
・sentiment 考え
・accusers 非難する(した)人

程度でしょうか。では、返り読みせずに読んでみてください。

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time, which led to the public sentiment that the accusers should have apologized.

どうですか? 返り読みせずに読めた人は少ないはずです。それどころか、

何度も返り読みしたてやっと意味が分かった
何度も読み直したが、未だに意味がわからない

人が多いはずです。意味としては、

「ウソをついていると非難された男はずーっと真実を述べていた、そのことが非難した人は謝罪すべきだと言う一般の意見につながった」

という意味ですが、以下のように勘違いしてしまった方多くないですか?


「男が非難した」
「真実を述べているとウソをついている」



などなど、ほかにも勘違いパターンはあるかと思いますが、これはいずれも、「単語の意味をつなげただけで、英文の構造をまったく意識していないことによって起こっている弊害」なのです。



なのです。

では、「英文の構造の知識」とは何か? それは「英文法」

英文法というと、「TOEIC パート5、6などの、英文法問題を解くためだけの知識」と考えている方がいますが、それはまったくの間違い。



なのです。構造を意識して読めている人は、自然と↓のような図が浮かんで、複雑な構造が見えているのです。



一見、↑の図を見ると、めんどくさく見えますが、わかっている人からすると、まったくの無意識に出てくるものであり、感覚的には、日本語を読んでいるように、自然に読めるようになってくるのです。


と思うかもしれません。

確かに、日本人は日本語を読む際に、構造がどうとか、文法的にどうとかいちいち考えずに、感覚で読むことができます。

それに、英語のネイティヴもこうしたことは意識しておらず、感覚で読んでいます。



生まれたときから、ドップリと、その言語に浸かって来たから、感覚的に染み付いていて、構造を意識しなくても、感覚で読めちゃうのです。

でも、われわれに取って、英語は外国語です。しかも、われわれは、もはや無意識に学べる子どもではありません。

大人になってから、外国語として学ぶ人に、「感覚で」と言っても、その感覚を持ち合わせてないのだから、無理な話なのです。

「一杯読んでいれば、どうにかなる」
「考えずに感じれば良い」

というのは、外国語を学ぶ大人には間違った方針です。

われわれ大人は、子どものように無意識に学ぶことはもうできません。

それに、子どものように、いつでも丁寧に教えてくれる親もいません。そして、子どものように、四六時中、その言語を学ぶことに時間を費やすことはできません。

それに、子どものように、10年以上かけて言語を学ぶ余裕もないはずです。

では、「外国語として大人が英語を学ぶには、どうすればいいのか?」というと、



それには、最初は不慣れな方法であっても、構造を意識して読むトレーニングを積む必要があります

でも、これを繰り返して行けば、日本語にあるような「感覚で読む能力」が人工的に身に付き、将来的には構造を意識しないで、感覚的に読めるようになって行くのです。

脳科学的に見ても、言語を学ぶことにかけては、大人はいろいろと子どもに対してハンデを負っています。



子どもに英文法の説明をしても、論理力が未発達なので、理解できません。だから、ひたすら一杯英語に触れて、子ども特有の優れた感覚で、無意識に学べるわけです。

でも、大人には論理力があります。それを活かさない手はないわけです。



これが、外国語として英語を学ぶ、大人の学び方なのです。


ここまでをご覧になった方は、このように思うかもしれません。

確かに、その通りで、リーディングができるようになるためには、英文法を学ぶ必要があるのですが、英文法ができるだけでは、不十分なのです。



例えば、先ほどの文

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time, which led to the public sentiment that the accusers should have apologized.

英文法がわかっている人なら、ちゃんと構造もわかり、意味もわかったと思います。しかし、

真っすぐに読みつつ、「次はこれが来るな」、「やっぱり来たからこうだ」、「これはこういう構造だろう」、「やっぱそうだ」というように、「予測して読む」

ということができていましたか?

例えば、英文法の知識をリーディングに活かせる人なら、最初の

The man accused

の次に、「名詞が来るかどうか」に必ず着目しています。そして、

名詞が来たら、accusedはVで、「男が非難した」という意味
名詞が来なかったら、accusedは過去分詞で「非難された男」という意味

だというのが、ちゃんとわかっており、それを瞬時に判断できます。

英文法がわかっていない人は、

何の疑問も持たず、「accuseにedがついているから、過去形の動詞で、"男が非難した"という意味だ」と思ったり、

「でも、読んでみたけど、それだと意味が変だな? 日本語訳がしっくり来るのは、"非難された男"だなぁ。よくわからないけど、そっちが正しいんだろう」

とか、適当に感覚で判断しちゃってませんか? このように、




のです。

構造を意識して読んでいなかったり、ただ単に単語をつなげて読んでいる人からすると、「英文のパターンなんて無限にある」と感じるかもしれませんが



英文法を理解し、その知識をリーディングに活かす方法を身につければ、着目すべきポイントがわかり、長く、複雑な文でも返り読みせずに読めるようになり、スピードと正確さが向上して行くのです。
リーディングが苦手な人からすると、単語1語1語を読んでいる、という感覚だと思います。イメージ的には、↓のような感覚でしょうか。



英文法がわかっていなかったり、着目ポイントがわかっていないと、単語1つ1つしか視野に入らない。場合によっては、1つの単語さえ入らない人もいます。

しかし、リーディング力がついてくると、グンと視野が広がり、読むスピードが一気に上がってくるのです。イメージ的に言うと、↓のような感じです。



これは何も、「リーディング力がついたことにより、目がよくなる」ということではなく、感覚のお話です。

英語が苦手な人、極端な話、英語を見たことがない人だって、複数の単語が視野に入っています。

しかし、リーディング力がないと、着目ポイントがわかっていなかったりと、



ところが、リーディング力がついてきて、着目ポイントがわかってくると、



というわけなんです。

実は、これ、英語以外でも起こる感覚なんです。例えば、車の運転。

運転の習い始めは、前を見たり、ギアを変えたりすることに精一杯で、隣の人と話をしたり、音楽を聞く余裕なんかなかったはずです。

それが、慣れて来たら、話をしながらだって、音楽を聞きながらだって運転ができるようになります。

英語のリーディングにおいては、余裕が出て視野が広くなると、着目ポイントや構造把握を意識してやっていたのが、徐々に無意識にできるようになっていき、読むスピードがグンと上がって来るのです。
今までの話を聞いて、



と、思ったかもしれません。しかし、私だって、最初からこういったことを知っていたわけではありませんし、着目すべきポイントがわかっていたわけでもありませんし、ましてやスラスラと読めたわけではありません。

・英語は1文1文、日本語に訳して読むもの
・構造なんか意識せずに、単語の意味をつなげて読むもの

と学校で教わりましたし、実際にそう思って、このように読んでいました。しかも、



中学時代は英語の通信簿はずーっと2(5段階)。しかも、通っていた地元の公立中学校は、神奈川県の学力試験で、英語の学校の平均点が、県の平均点よりも10点も低い、学力の低い中学。しかも、この試験が50点満点での結果。100点満点なら、20点も低かったわけです。

そんな、学力の低い中学校の中でも平均点を毎回下回り、通信簿が2だったのですから、いかに英語が苦手だったかがわかると思います。高校に入ってからも英語が苦手で、全国模試で偏差値30というとんでもない成績を取ったこともあります

しかし、

・リーディングには英文法が欠かせない
・着目すべきポイントは絞られている
・わざわざ、1文1文日本語に訳すことはすべきではない
・リーディング力がつくと視野が広がる

ということがわかって、基礎からやり直してからは、一気に英語が上達。



そして、指導者として、年間にわたって、名の方に英語指導をさせていただき、大変ご好評いただいております

私だって最初から英語ができたわけではなく、最初はむしろ苦手でした。私の講座の受講生さんで成果を出されている方だって、最初は苦手だった方も大勢いらっしゃいます。

「楽に英語が読めるようになります」とは言えません。しかし、正しい読み方を身に付ければ、着実にリーディングの実力は着くのです。
リーディング力を向上させること、これは実はリスニング力アップにも間接的な効果があるんです。

リスニングで聞き取れない理由は大きく分けて2つ。

・英語の音を聞き取る能力が低い
・音は聞き取れているのだが、構造がわからないため、文全体の意味がわからない

前者の要因をリーディング力アップによって直すことはできませんが、後者の要因であれば、



先ほど、「英語と日本語では語順が全然違うから、日本語の語順で読んでいたら、ものすごく時間がかかる」とお話ししましたが、これはリスニングにも言えることなのです。それどころか、このポイントはリーディングよりリスニングにおいて重要とも言えます

当たり前ですが、リスニングでは、ネイティヴは先頭から真っすぐに英語を読みます。

そのため、リーディングではできた、「日本語の語順で読む」という方法が、リスニングでは通用しないのです。強制的に、先頭から理解する能力が要求されます

リスニングをやっていて、「読めば簡単なのに、なんで聞き取れないんだろう?」と感じたことはありませんか?

これは当たり前のことで、同じ文を理解するのであれば、リーディングよりリスニングの方がずっとむずかしいのです。

つまり、リーディングにおいて返り読みして読んでいるような文が、リスニングで「あ、なるほどね」と簡単に理解できるはずがないのです。

逆に言えば、リーディングで返り読みを減らして行けば、



ということになるわけです。
TOEICを受験されたことがある方は実感されていると思いますが、



ノロノロと読んでいたのでは、リーディングセクションで20問以上残ってしまうこともザラです。

それに、リスニングセクションは、「リスニング」とは言え、パート3、4においては、英文は聞きますが、問題文と選択肢に関しては読むものです。

いくら聞く能力が高くても、問題文と選択肢を読むのが遅くては、聞く能力も宝の持ち腐れです。リスニングは1問当り、6秒ぐらいしか考える時間がありませんから、さっさと読まないとダメなのです。



・問題で問われているところだけを読もうとする
・重要なところだけを探して、飛ばして読もうとする
・パラグラフの主要なところだけを読もうとする

正しい読み方を身につけようとせず、そんな「手抜き」をしようとする人もいますが、それでは根本的な解決になりません。

そもそも、TOEICはちゃんと読めれば、「普通に読んで問題に答える」という普通のやり方でできるのです。現に私はそういうやり方で990点(満点)を取りました。

日本語を勉強しているアメリカ人の友人がいると想像してみてください。その人が、「必要なところだけ読めるテクニックを身につけたいんだよね」と言って来たら何と言いますか? 私なら、間違いなく

「その前に、ちゃんと読めるようになろうよ。ちゃんと読めないのにそんな技身につけられないし、身につけられても意味ないよ。日本人の僕だってそんな技使ってないよ」

と言います。

特に、2016年5月にTOEICの改訂が行われた後は、この傾向が強まっています。リーディング重視になり、より「テクニックなどではなく、普通に英語を読む力」が求められることとなります。

さらに詳しくは後述します。
今まで、名以上の方に英語指導の実績のある私が行っている、リーディング講座、「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」で、英語リーディングの正しい読み方を学んで行きませんか!?
※:「1年でTOEIC 900」というのは、先ほどお話した通り、私自身の実績です。TOEIC 900のような上級レベルの方専用の教材と言う意味ではありませんし、TOEICを受ける方専用の講座と言う意味ではありません。

メール配信にて、



を学んでいただけます。

※:パソコン、タブレット(iPad等)、スマートフォン(iPhoneやAndroid等)でご利用いただけます。スマートフォンではない携帯電話(いわゆる「ガラケー」)ではご利用いただけません。

 メール配信で、ペースがつかめる!
 分からないところは質問できる!
 ネイティヴの音声付き!
 2つのアドレスで受信可能で、自宅と職場or学校の両方で受講!
 PDFファイルで、自分のペースでやることも可能!

基本的に、

1、文法と読み方の解説+英文を読む問題の出題
2、問題の英文の読み方解説と問題の解答解説

と2号に分けて、英文法と読み方の知識を身につけていただき、実際に英文を読んで、それに関する設問に答えていただきます。

基本的に2号でペアになっており、合計42号、21ペアを約2ヶ月半で行うことになります。

※:「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」等の私のそのほかの講座と比べると号数が少ないですが、その分、1号あたりの量が多くなっています。全体の量では、私の講座の中では、本講座が最も分量が多い講座です。

1週間のうち、月〜木曜日に配信し、金、土、日曜日はお休み。という1週間4日のコースになっております。

※:祝日のある週は、変則スケジュールになることもあります。例えば、月曜が祝日でしたら、火〜金曜日に配信となります。

※:基本的に配信は朝の7時となっております。(ただし、第1号に限りお昼の12時頃)


リーディングの着目ポイントがわかり、返り読みをしないで読めるようになって行くために、一緒にがんばっていきましょう!

また、「もっと早いペースでやりたい!」、「自分のペースでやりたい!」という方のためにお送りするすべてのメール講座の内容を収録したPDFファイルをご用意しております。

なので、「1ヶ月後のTOEICに間に合わせたい!」という方でもご利用になれます。

PDFファイルについては、後ほど説明させていただきます。

第27、28号を無料サンプルとして公開しておりますので、ぜひご覧ください。サンプルは↓からご覧になれます。

無料サンプルの入手は↓にアドレス(携帯は※参照)を入れ、送信を押すだけ。さらに単語の覚え方、TOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料英語学習メールマガジン(メルマガ)と一緒にお届けいたします。メルマガの読者登録は無料、いつでも配信停止可能です。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料サンプルの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
本講座のレベルについてですが、基本的には、「中級者以上向け」です。

というのも、先ほどお話しさせていただいたように、リーディングには英文法の力が必要です。

もちろん、本講座の中で、ほぼ全分野の英文法の解説をさせていただきます。

しかし、あくまで本講座のメインは「リーディング」ですので、リーディングに必要な部分だけの解説になりますし、「三単元のs」ですとか、「動詞の不規則変化」など、非常に基礎的なことは解説いたしません。

決して、「英文法を完璧にしてからじゃないとダメ」というわけではなく、不定詞、分詞、動名詞、第5文型、疑問文・疑問節、関係節(関係代名詞・関係副詞)、比較などの、いわゆる「上級分野」まで理解していなくても大丈夫かと思います。

ただ、品詞・文型、前置詞、接続詞、受動態、簡単な助動詞、簡単な時制など、基礎分野は、最低限「なーんとなく」でも理解していないと厳しいかと思います。

TOEICスコアがすべてを表すわけではありませんが、TOEICで言ったら、最低限500点はほしいところです。

もし、まだ基礎分野も「なんとなく」でもわかっていなければ、まずは文法の基礎分野を学べる、私の別の講座、初心者向けの「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」の方がオススメです。

ただ、同じTOEICスコアの人でも、人によって文法の理解度は違いますので、実際にサンプルを見比べてご検討ください。

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」について詳しくは、こちらをご覧下さい。 サンプルはこちらからご覧になれます。
ご存知の方も多いかと思いますが、TOEICが2016年5月より改訂(リニューアル)されました。本ページをご覧の方にも、改訂を気にされている方もいらっしゃるかと思います。

この改訂により、短文の穴埋め問題が減り、読解問題が増えた上に、パート6も「一部だけ読めば解ける問題」が減るなど、「リーディング重視」の傾向となっています。

単純な穴埋め問題が減り、読む問題が増えたことにより、「試験のテクニック」ではなく、「実用英語でも使える本物の英語力」が求められるようになってきました。

単純な穴埋め問題が減って、テクニックは通用しづらくなって来ています。リーディングでは、とにかく「左から右に真っすぐに英語を読む力」、別の言い方をすれば、「日本語のように普通に英語を読む力」がますます求められるようになって来ています。

この「日本語のように普通に英語を読む力」こそが、本講座が目指すところです。

改訂前はもちろんですが、改訂後は、ますます、この「実用英語でも使える本物の英語力」「日本語のように普通に英語を読む力」を身に付けることを目的としている、本講座がお役に立てる物と自信を持っております
T.E様(プライバシー保護のためイニシャル表記)

6月に受験したTOEICのスコアがネットで開示されたので確認したところ740でした。私が先生の講座を始める前に受けた試験の1月のスコアは460だったので280もアップしたことになります。

勿論公式問題集やその他の教材も使用していましたが、それらを解くにあたってすべての根幹には先生の講座があると私は思っています。私は先生の講座を全て受講させて頂きました。そして何十回も質問させてもらい、それらにも全て丁寧にご回答くださいました。それは私にとってすばらしい宝物です。これからも私の英語学習の要となってくれると確信しています。

たった、5カ月で、280点もスコアアップとは本当に素晴らしいですね。ここまで伸びるのはT.E様の努力の賜物です。

また、ほかの教材を使う際に、講座で習った知識をちゃんと適用できているのも、ちゃんと力になっている証拠です。本当におめでとうございます!(鈴木)」
R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)

去年10月にTOEIC初受験のときは420点でしたが、本講座を受講した後、610点までアップ。その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!

「TOEIC 760点おめでとうございます! 1年にも満たないたったの10カ月の間に420→760と、実に340点ものアップは本当にすごいことです!
R.Kさんの努力が見事素晴らしい成果に結びつきましたね! おめでとうございます!(鈴木)」
H.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)

本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました!
しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です。

「一気に、27点もアップしての、英検準1級1次合格おめでとうございます!
英検準1級はTOEIC 800の人でも落ちることがある試験ですからね。それを合格されたのは本当にすごいことです。H.Kさんの努力の賜物ですね!(鈴木)」
H.M様(プライバシー保護のためイニシャル表記)

本講座学習を始めてから、不定詞の学習にほんの少し入る所までの時点で、TOEIC を受験したら、リーディングセクションが、265から360になりました。

本当にありがとうございます !
こんな素晴らしい教材に出会えて嬉しいです。

「リーディングセクションの265→360点への大幅アップおめでとうございます!
TOEIC全体で95点アップでもすばらしいですが、1つのセクションだけ、しかも点数の出づらいリーディングセクションで95点アップとは素晴らしいですね!
これもH.Mさんの努力の賜物ですね。(鈴木)」
M.S様(プライバシー保護のためイニシャル表記)

ものすごく分かりやすくて感動しています!

今まで わからない単語が出てくると 迷子になっていましたが、このやり方だと本当に真っすぐ理解して行けます!

スゴイ! 知らない単語も長文も怖くないっ!楽しい!という感じです。
並行してライティングの勉強(日記を書いてバイリンガルかネイティヴの方々に添削してもらってます)をしているのですが、文法力と表現力を褒められました!

英語は元々好きなのですが、もっと好きになりました!品詞で英文を見ると日本語を挟まなくても理解できるようになるし、英語はちゃんとパターン化されているのがわかります。

これからも楽しんで勉強していきます!
本当にありがとうございますm(_ _)m

「大変嬉しいご感想ありがとうございます。
しっかりと効果が出ているのはまさにM.Sさんの努力の賜物ですね。
「品詞で英文を見ると日本語を挟まなくもりかいできるようになる」
「英語はパターン化されているのがわかる」
こう感じるのは、しっかりと理解されいてる証拠ですね。(鈴木)」
嬉しいご感想を続々いただいております!

2010年に開講と歴史が浅い講座にもかかわらず、このほかにも、今までに、多くの嬉しいご感想をいただいております。

「"単語や熟語を知っているのに、文全体の意味がわからない"ということがほとんどなくなりました
「鈴木さんの講座はいろいろ受講させていただきましたが、この講座が一番役に立っています


※:「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」等の私のそのほかの講座と比べると号数が少ないですが、その分、1号あたりの量が多くなっています。全体の量では、私の講座の中では、本講座が最も分量が多い講座です。

第27、28号を無料サンプルとして公開しておりますので、ぜひご覧ください。サンプルは↓からご覧になれます。

無料サンプルの入手は↓にアドレス(携帯は※参照)を入れ、送信を押すだけ。さらに単語の覚え方、TOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料英語学習メールマガジン(メルマガ)と一緒にお届けいたします。メルマガの読者登録は無料、いつでも配信停止可能です。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料サンプルの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
↑のサンプルをご覧いただけばわかりますが、講座の中では、確認問題にて、多くの英文を読んでいただきます。しかし、その英文も音声がないと発音やイントネーションがわかりづらいのです。

例えば、先ほど例に挙げた英文、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time, which led to the public sentiment that the accusers should have apologized.

の中の単語、accusedの発音が分からなかったり、英文全体をどういうイントネーションで読んだらいいのかがわからなかったりします。

音声がなければ、読み方が非常に分かりづらい発音記号を読みながら自分で発音してみたりしなければなりません。

しかし! 「英語真っすぐリーディング講座」では、その心配はありません。

なんと、ネイティヴの音声付きです! 約200もの英文を読んでいただくことになりますが、その英文を音声にしたファイルがついているのです。(アメリカ人女性の音声です)

mp3の形でお送りいたしますので、パソコンで音声を聞くことができます。CD-Rに焼けばCDプレイヤーで聞くこともできますし、iPodなどでも聞くことができます。

※:ダウンロードが難しい場合、CD-Rに焼くことが難しい場合は、オプション(税込1,000円)でCDの配送サービスも行っております。→はイメージです。こちらはCDプレイヤーで聞いていただけます。詳しくはお申し込み後にお送りいたします確認メールをご覧下さいませ。
※:ただ、申し訳ございませんが、CD配送オプションは、システム上の都合上、銀行振込でのみ承っております。
※:また、あくまでCD-Rに焼き付けたものですので、市販の音楽CDのようにパッケージされたものではございません。

この音声をお手本に音読していただければ、発音とイントネーションも鍛えられるわけです。

しかも、通常のスピードのものに加えて、おまけとして「ゆっくりバージョン」と「速いバージョン」の音声もおつけしております。

※:ゆっくりバージョンと速いバージョンの音質は、通常のものより多少質が落ちます。あくまで「おまけ」としてお考えください。

第27号分の音声は無料サンプルとして↓から視聴できます。

無料サンプルの入手は↓にアドレス(携帯は※参照)を入れ、送信を押すだけ。さらに単語の覚え方、TOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料英語学習メールマガジン(メルマガ)と一緒にお届けいたします。メルマガの読者登録は無料、いつでも配信停止可能です。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料サンプルの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
一発ですべてを理解できれば理想的ですが、必ずしもそうとは限りません。どうしても、教材を使っていると「分からないところ」が出てきてしまうことがあります。

でも、普通の教材では質問することはできません。

しかし、本講座では、教材のわからないところは、本講座の制作者である私に直接メールで質問が出来ます

受講期間中2ヶ月半はもちろん、受講期間終了後の2週間、合計約3ヶ月しっかりサポートさせていただきます。

例えば、受講期間が11月15日〜12月22日+1月5日〜1月19日(12月23日〜1月4日はお休み)の場合、この期間にプラスして、1月20日からの2週間になります。
※:上記のはあくまで一例です。実際の受講期間は↓の方でご案内いたします。

基本的に、平日(祝日除く)は24時間以内に回答を差し上げております。

例1:火曜日の朝にご質問いただいた場合は、火曜日中に回答。
例2:水曜日の夜にご質問いただいた場合は、木曜日中に回答。
例3:木曜日午後にご質問いただいた場合、木曜日中、もしくは金曜の午前中に回答
例4:土曜日にご質問いただいた場合、月曜日に回答。



「メール」で質問できるメリット

英語学習において、「メール」にて質問できることは大きなメリットとなります。なぜかと言うと、時間と場所を選ばず、文字で質問できるからです。

直に会って質問する場合、質問する側と、教える側が同じ場所に、同じ時間にいなければなりません。質問する側と教える側の都合が合わなければ質問できません。

電話の場合、同じ場所にいる必要はありませんが、同じ時間に都合をつけなければなりません。それに、電話だと文字を使えません。英語と言うのは文字を使って学ぶものです。それを口だけで説明するのはむずかしいものです。

どちらの場合も、深夜とか早朝など、極端な時間には質問できません。

しかし、メールなら、好きなときに、好きな場所で、文字で質問ができます

例えば、木曜日の夜11時に自宅でメールを送ることができ、金曜日の午前中に私が回答を送ることができます。


制作者に直接質問できるメリット

制作者であれば、「この説明はどういう意味か?」、「どういう意図でこう説明しているのか?」、「どういう順番で学ぶべきなのか?」、「どこがポイントなのか?」がすべてわかっています。

しかし、制作者ではなく、ただ単に従業員やスタッフが答える場合、そこまでわかっていないことがあります

本講座では、制作者である私に直接質問できるので、こういった事態は起きません。

↓はご質問と回答の一例になります。



ここからが回答です。




さらにご質問と回答の例をご覧いただきたい場合はこちらからご覧いただけます。

※:上記の例はよくいただくご質問を再現したものです。いただいたご質問をそのままの形で掲載することはございませんのでご安心ください。
※:同じようなご質問をいただいた場合は、同じ回答をさせていただくことがございます。
※:基本的に、ご質問はテキストの内容に限らせていただきますが、テキスト以外のご質問も量が多くなく、回答にそれほど時間がかからないものならば承らせていただきます。
※:ただし、英作文、日本語訳の添削、翻訳の依頼は量の多い少ないに関係なくお断りさせていただきます。
当講座は1週間に4日メールでお送りする形になります。しかし、

「来週は忙しいから、今週多めにやっておこう。」
「受講開始より先に、今すぐ始めたい。」
「まとめてプリントアウトしたい。」
「1週間4日のペースより早くやりたい。」
「次のTOEICに間に合わせるために早くやりたい。」

という方のために、メール講座でお送りする内容をそのまますべて収録したPDFファイルにてテキストを先にお送りいたします。ご入金を確認次第、PDFファイルと音声ファイルの両方を入手いただけますので、すぐに自分のペースで始めることもできます

もちろん、メール講座に合わせて、1週間に4日ペースでやっていただいてもかまいません。

自分で決めたペースでも、こちらが送るメール講座のペース、どちらも選べるわけです。

※:PDFファイルとは、マイクロソフトの「Word(ワード)」の「書いたり消したりできないバージョン」、「読む専用のもの」のようなもの。

基本的に、どこパソコンでも見れますし、iPadなどのダブレットPC、iPhoneや Androidなどのスマートフォンでもご覧になれます。

こちらから例をご覧いただけます。
本講座では「読み方」と、その読み方を理解するために必要な英文法の知識を学んでいただき、さらに実際に英文を読んでいただき問題を解いていただきます。

そして、さらにその読み方の練習をしていただくために、英字新聞の解説をお送りさせていただきます。

無料メルマガで毎週金曜日にお送りさせていただいているものをPDFファイルにまとめたものではございますが、2008年11月から続いているものですので、相当な量があります。

ページ数にすると講座本編と同じぐらいになります。

また、今後もこの無料メルマガの英字新聞解説が続く限り、半年毎に解説のPDFファイルをメールにてお送りさせていただきます。

これにより、講座本編で身につけた読み方をさらに鍛えていただくことができるかと思います。
講座とは直接関係なくても、「英語学習の心構え」的なもので、知っておいた方がよいものがあります。

講座とは直接関係ないので、テキストには組み込んではいないのですが、「補助テキスト」という形で解説させていただいており、講座の受講生様にはこの補助テキストを無料でお送りさせていただいております。補助テキストは以下の4つ。

1、英語学習における日本語の使い方

「日本の英語教育はダメだ!」とよく批判されます。私からすると悪い面ばかりではないと思いますが、1つ、「これだけは絶対に変えるべき!」という点があります。

それは、「何でも日本語訳を通じて考えさせる」という点。英語を読む際、当たり前のように、日本語に訳して読んでいる人が多いですが、それは大きな間違い

そもそも、英語ができる人は日本語に訳してなんかいません。いきなり日本語訳をすべて排除するのはむずかしいでしょうが、なるべく制限し、どうしても日本語に訳す際は注意すべきです。

この「日本語の使い方」を補助テキストで解説させていただきます。


2、理解必須の超重要事項の確認

こちらの補助テキストに限っては、講座の内容と関係があります。英語と言うのは基礎からの積み重ね。基礎を理解していなければ、応用は絶対に理解できません。

本講座で言うと、16号までの内容は「絶対に理解していないと困るもの」です。16号までの内容を理解していなければ、17号以降はもちろん、英語学習をする上で、大きな障害になります。

そのため、16号までの内容を理解しているかチェックするために、別の角度からの説明を加えて、補助テキストをご用意しております。


3、英語学習で気にしてはいけないこと

英語学習は1からの積み重ね。「気にしなければいけないこと」の方が圧倒的に多いです。

でも、中には、むずかしすぎたり、それほど重要ではないので気にすべきではないこともあります。しかし、多くの人はそれに気づきません。「これを理解していないとダメなんだ!」と気にすべきでないことをマスターしようとがんばってしまったりします。

例えば、冠詞のtheとか、名詞の可算不可算。これらは本当にレベルが高いもので、TOEICで言えば、990(満点)以上のレベル。超上級者以外は、「何となくこんなものみたい」で済ませておくべきものなのです。

こういった、「気にしてはいけないこと」を何項目か補助テキストでお話させていただいております。


[New] 4、リスニング+英文法

リスニングは学校でやらないので、多くの日本人が苦手としてします。そのリスニングについて、

・こうして英文法でリスニング力がアップする
・リスニングをがんばっても力がついた気がしないのはなぜ?
・リスニング教材選びは、ここがポイント
・忙しくても、こうやればリスニングの練習時間を確保できる
・多くの人がやってしまう間違い。これをやるとリスニング力はつきません
・多くの人がやる勉強法○○は実は逆効果では?


などなど、重要点をお話させていただきます。


番外編、英語学習法の解説

目標にもよりますが、一般的に「英語ができる」という状態には、本講座だけで到達できるわけではありません。例えば、本講座で発音が鍛えられるわけではありません。

本講座が終わった後も英語力をアップさせたいのであれば、発音等、ご自身で取り組んでいただくべきものがあります。

本講座が終了後、あるいは本講座と並行しての英語学習をスムーズにできるように、概要だけではありますが、英語学習法を解説させていただきます。

※:1〜4の補助テキストはPDFファイルという形でお送りさせていただきます。
※:番外編は日曜日に基本的に週刊でメールにてお送りさせていただきます。
先ほどもお話させていただいた通り、日本の英語教育はとにかく「日本語に訳しなさい」方式。そのため、

「英語とは日本語に訳して読むものだ」

何の疑問も持たずに、思って知る人が非常に多いのです。

しかし、実際には、日本語に訳して読んでいると、

「返り読みをして時間がかかってしまう」
「長い文、複雑な文の理解に苦労する」

という弊害が出てくるのです。

「英語ができる人=日本語に訳せる人」

と思っている人が多いですが、英語ができる人は、わざわざ「日本語に訳したらどうなるか?」なんて考えていません。通訳や翻訳者でもなければ、「日本語だとどういう意味?」と聞かれたときに、

「え? 日本語で? そんなこと考えてないからなぁ…」

と困ってしまうことも珍しくありません。

では、意味をつなげて読めばいいかというこれもまた違うのです。

短い文、単純な文なら、それでいいかもしれません。でも、長い文、複雑な文になると、構造を無視した読み方ではダメなのです。

このように、勘違いしたままでは、なかなかリーディングはできるようになりませんし、このように勘違いしている人が多いということは、今までに、名の方に英語指導させていただいて来たので、よくわかります。

かく言う私も、実は昔は通信簿2、偏差値30と英語が苦手で、「英語は日本語に訳して読むもの」「先頭から意味をつなげて読むもの」と思っていました。しかし、やたらと時間がかかりましたし、長い文や構造が複雑な文はまったく理解できませんでした。

しかし、

「構造を意識して読む」「着目ポイントがわかっていれば大丈夫」ということがわかってからは、一気に上達し、今では、日本語と同じような感覚で読むことができます。

そんな私自身の経験、そして、英語指導をして来た経験から、



という想いから、この講座をほぼ1年かけて完成させました。

日本語なら、構造を意識する必要はありません。でも、それは日本語が母国語で、子どもの頃から使っていて感覚として染み付いているから。

外国語であり、子どもの頃に学んだ言語ではない、英語は、構造を意識して、その感覚を意識的に作ってあげる必要があるのです。

最初は不慣れな読み方であっても、こうすることで、将来的には感覚的に読めるようになってくるというわけです。

リーディングでお悩みの皆様にぜひお役に立てれば幸いです。

鈴木 拓
メール講座全42回 全内容収録PDFファイル ネイティヴ音声ファイル わからない部分を質問できるサポート

をすべて含めまして、

19,800円(税込 21,384円)

となっております。



着目ポイントがわかり、視野を広げ、スピードと正確性を上げるべく、



現在は第103期生のお申し込みを受け付けております。

お申し込み受付期間11月18日(金)〜12月15日(木)24:00
メール配信受講期間12月19日(月)〜3月9日(木)
(12月23日(金)〜1月4日(水)はお休み期間となります)
※:受講期間とお休み期間は多少変更になる可能性があります。


[15周年] 新補助テキスト「リスニング+英文法」を、2016年6月26日の15周年を記念して、おつけさせていただいております。

・こうして英文法でリスニング力がアップする
・リスニングをがんばっても力がついた気がしないのはなぜ?
・リスニング教材選びは、ここがポイント
・忙しくても、こうやればリスニングの練習時間を確保できる
・多くの人がやってしまう間違い。これをやるとリスニング力はつきません
・多くの人がやる勉強法○○は実は逆効果では?


などなど、重要点をお話させていただきます。


お支払い方法はクレジットカード決済)と銀行振込の2種類をご用意しております。



PDFファイルには、メール講座でお送りする予定の内容がすべて収録されていますので、すぐに学習を始めたい方は始めることができます。

お申し込みは、↓の注意点をお読みの上、お支払方法をお選びください。

※:個人情報の漏洩を防ぐために、暗号化されたシステムを利用していますので、ご安心ください。
※:返品、キャンセルはできません。
※:銀行振込でお申し込みの場合は、振込手数料のご負担を願います。
※:海外にお住まいの方は必ずこちらをご覧下さい。
※:CD配送オプションは、システムの都合上、銀行振込でのみ承っております。
※:アドレス入力間違い、メールボックスの容量オーバー、お使いのアドレスの受信サーバーの不調、迷惑メールフィルターの誤作動により、メールを受信できない場合は、当方は責任を負いかねます。
※:パソコン、タブレット(iPad等)、スマートフォン(iPhoneやAndroid等)でご利用いただけます。スマートフォンではない携帯電話(いわゆる「ガラケー」)ではご利用いただけません。
※:天変地異、鈴木拓が入院を要する怪我・病気を患った場合、身内の不幸等、やむをえぬ事情がある場合、講座途中でお休み期間が発生し、その分、延長になることがあります。(現時点で、こういった例は過去にありません)


クレジットカード決済で申込

銀行振込で申込

まったくの初心者なのですが、大丈夫でしょうか?
先ほどもお話しさせていただきました通り、本講座では、ある程度の英文法力が必要です。

決して、「英文法を完璧にしてからじゃないとダメ」というわけではなく、不定詞、分詞、動名詞、第5文型、疑問文・疑問節、関係節(関係代名詞・関係副詞)、比較などの、いわゆる「上級分野」まで理解していなくても大丈夫かと思います。

ただ、品詞・文型、前置詞、接続詞、受動態、簡単な助動詞、簡単な時制など、基礎分野は、最低限「なーんとなく」でも理解していないと厳しいかと思います。

TOEICスコアがすべてを表すわけではありませんが、TOEICで言ったら、最低限500点はほしいところです。

もし、まだ基礎分野も「なんとなく」でもわかっていなければ、まずは文法の基礎分野を学べる、私の別の講座、初心者向けの「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」の方がオススメです。

ただ、同じTOEICスコアの人でも、人によって文法の理解度は違いますので、実際にサンプルを見比べてご検討ください。

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」について詳しくは、こちらをご覧下さい。 サンプルはこちらからご覧になれます。
こちらの講座を受講すれば、必ず英語ができるようになりますか?
「必ず」とは言えません。

なぜなら、教材やサポートには自信を持っておりますが、学習するのは受講者さんご本人だからです。
小学生・中学生・高校生でも大丈夫でしょうか?
高校生の方なら、↑の英文法のレベルを満たしていれば、大丈夫かと思いますが、さすがに小学生・中学生ですと厳しいかと思います。
TOEIC対策にも役立つでしょうか?
本講座はTOEIC専門の講座というわけではありません。しかし、とにかく速読が要求されるTOEICを攻略するには、リーディング力の強化が欠かせません。なので、TOEICを受験される方にはぜひオススメです。
1日にどのぐらいの時間が必要でしょうか?
人やどの号かによって違いますが、短いときは30分ほど、長いときは1時間半ほど必要になります。
「分かる! 解ける! 英文法!」や「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」などと比較して、どれを受けたらいいのかわかりません
私の講座の違い、どれがオススメかを詳しく解説させていただいたページをご用意させていただきました。詳しくはこちらをご覧下さいませ。
携帯電話、スマートフォン(iPhoneやAndroid)、タブレットPC(iPadなど)でも利用可能でしょうか?
パソコン、タブレット(iPad等)、スマートフォン(iPhoneやAndroid等)でご利用いただけます。スマートフォンではない携帯電話(いわゆる「ガラケー」)ではご利用いただけません。
TOEICが2016年5月に改訂(リニューアル)されましたが、本講座は役に立つでしょうか?
上記の講座のご紹介でもお話させていただいた通り、本講座は、テクニックではなく、実用英語でも役立つ「純粋に実力で英語を読む力」をつけるものです。

テクニックに頼っていると、改訂後は以前のテクニックが通用せず右往左往する人もいるかもしれませんが、実力で英語を読める人は関係なく、実力を発揮できます。

また、若干ですが、改訂後はリーディング重視になっています。そう言った意味でも、改訂後はさらにオススメできる講座となります。
無料サンプルの入手は↓にアドレス(携帯は※参照)を入れ、送信を押すだけ。さらに単語の覚え方、TOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料英語学習メールマガジン(メルマガ)と一緒にお届けいたします。メルマガの読者登録は無料、いつでも配信停止可能です。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料サンプルの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

お申し込みは、↓の注意点をお読みの上、お支払方法をお選びください。

※:個人情報の漏洩を防ぐために、暗号化されたシステムを利用していますので、ご安心ください。
※:返品、キャンセルはできません。
※:銀行振込でお申し込みの場合は、振込手数料のご負担を願います。
※:海外にお住まいの方は必ずこちらをご覧下さい。
※:CD配送オプションは、システムの都合上、銀行振込でのみ承っております。
※:アドレス入力間違い、メールボックスの容量オーバー、お使いのアドレスの受信サーバーの不調、迷惑メールフィルターの誤作動により、メールを受信できない場合は、当方は責任を負いかねます。
※:パソコン、タブレット(iPad等)、スマートフォン(iPhoneやAndroid等)でご利用いただけます。スマートフォンではない携帯電話(いわゆる「ガラケー」)ではご利用いただけません。
※:天変地異、鈴木拓が入院を要する怪我・病気を患った場合、身内の不幸等、やむをえぬ事情がある場合、講座途中でお休み期間が発生し、その分、延長になることがあります。(現時点で、こういった例は過去にありません)


クレジットカード決済で申込

銀行振込で申込


お問い合わせ
鈴木 拓(すずき たく)

1981年生まれ。横浜市出身。イングリッシュティーチャー。

通信簿2(5段階)、偏差値30から45と英語が大の苦手。しかし、学習法を一変させたところ、英語がブロックのように見える英文法の知識を身につけ、1年でTOEIC 900点を達成する。

実用英語の習得にも取り組み、スピーキング力ならびに、海外ドラマや英語ニュースを字幕なしで理解するリスニング力を身につけ、TOEIC 990点(満点)、英検1級を取得。

現在は、英文法講座などの英語学習講座、著書、英語情報サイトの運営、英語学習に役立つメールマガジンの配信を通じて、英語学習の指導、アドバイスを行っている。年間の英語指導経験を持ち、運営する英語学習講座では受講生が人を突破した。

運営サイトは個人の英語学習系サイトとしては最大級規模で、メルマガは15万人が読者登録しており、まぐまぐ殿堂入り、2004年、2005年と2年連続で「まぐまぐメルマガ大賞」ノミネート作品に選ばれる(メルマガは現在も発行しておりますが、2006年以降はメルマガ大賞には立候補していません)など、高い評価を得ている。

講座などは『English Journal』『日経Woman』『国内でTOEICテスト990点』『English Plus』などの雑誌・書籍に掲載実績がある。

【運営サイト】
●「TOEIC、英検、英会話、英語の学習法紹介 ACE
ほか英語学習に関する数サイトを運営

【メールマガジン】
●「1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典
●「英語力向上メルマガ The English Times
ほか、合計約15万人が読んでいる英語学習に関するメールマガジンを数誌発行

【講座(セミナー)】
●「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」(受講者数:人)
●「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習法プロジェクト」(受講者数:人)
●「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」(受講者数:人)
●「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」(受講者数:人)
●「英会話のための英文法 G4C」(新講座)
ほか過去に英語学習に関する講座(セミナー)を数講座主宰

【著書】
●「偏差値30からの英語やり直し学習法」(万部突破)



読者登録は→にアドレス(携帯は※参照)を入れ、送信を押すだけ。読者登録は無料、いつでも配信停止可能です。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

メディア掲載
日経WOMAN 2002年12月号
English Journal 2005年10月号
月刊ネットショップ&アフィリ 2005年12月号
国内でTOEICテスト990点 2007年10月
偏差値30からの英語やり直し学習法 2008年7月
English Plus 2012年4月
人生を変える英語学習法 2013年3月

無料サンプルの入手は↓にアドレス(携帯は※参照)を入れ、送信を押すだけ。さらに単語の覚え方、TOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料英語学習メールマガジン(メルマガ)と一緒にお届けいたします。メルマガの読者登録は無料、いつでも配信停止可能です。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料サンプルの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

お申し込みは、↓の注意点をお読みの上、お支払方法をお選びください。

※:個人情報の漏洩を防ぐために、暗号化されたシステムを利用していますので、ご安心ください。
※:返品、キャンセルはできません。
※:銀行振込でお申し込みの場合は、振込手数料のご負担を願います。
※:海外にお住まいの方は必ずこちらをご覧下さい。
※:CD配送オプションは、システムの都合上、銀行振込でのみ承っております。
※:アドレス入力間違い、メールボックスの容量オーバー、お使いのアドレスの受信サーバーの不調、迷惑メールフィルターの誤作動により、メールを受信できない場合は、当方は責任を負いかねます。
※:パソコン、タブレット(iPad等)、スマートフォン(iPhoneやAndroid等)でご利用いただけます。スマートフォンではない携帯電話(いわゆる「ガラケー」)ではご利用いただけません。
※:天変地異、鈴木拓が入院を要する怪我・病気を患った場合、身内の不幸等、やむをえぬ事情がある場合、講座途中でお休み期間が発生し、その分、延長になることがあります。(現時点で、こういった例は過去にありません)


クレジットカード決済で申込

銀行振込で申込


お問い合わせ

お気に入りに追加

お申し込みを迷われている方は私が配布している無料レポートと無料メルマガをご覧になってみてはいかがでしょうか?

無料レポートでは、英単語の覚え方を簡単に紹介しています。

メルマガでは英語学習のコツや中学や高校では教えてくれない、ネイティヴがよく使う自然な英会話表現を世界中で大人気の海外ドラマ、フレンズから紹介、解説いたします。

読者登録は無料、配信停止はいつでも可能ですので、ぜひ一度お試しください。
無料レポート、無料メルマガの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて送信を押すだけです。

※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

無料サンプルの入手は↓にアドレス(携帯は※参照)を入れ、送信を押すだけ。さらに単語の覚え方、TOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料英語学習メールマガジン(メルマガ)と一緒にお届けいたします。メルマガの読者登録は無料、いつでも配信停止可能です。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料サンプルの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。

お申し込みは、↓の注意点をお読みの上、お支払方法をお選びください。

※:個人情報の漏洩を防ぐために、暗号化されたシステムを利用していますので、ご安心ください。
※:返品、キャンセルはできません。
※:銀行振込でお申し込みの場合は、振込手数料のご負担を願います。
※:海外にお住まいの方は必ずこちらをご覧下さい。
※:CD配送オプションは、システムの都合上、銀行振込でのみ承っております。
※:アドレス入力間違い、メールボックスの容量オーバー、お使いのアドレスの受信サーバーの不調、迷惑メールフィルターの誤作動により、メールを受信できない場合は、当方は責任を負いかねます。
※:パソコン、タブレット(iPad等)、スマートフォン(iPhoneやAndroid等)でご利用いただけます。スマートフォンではない携帯電話(いわゆる「ガラケー」)ではご利用いただけません。
※:天変地異、鈴木拓が入院を要する怪我・病気を患った場合、身内の不幸等、やむをえぬ事情がある場合、講座途中でお休み期間が発生し、その分、延長になることがあります。(現時点で、こういった例は過去にありません)


クレジットカード決済で申込

銀行振込で申込


お問い合わせ
[PR] 英文法解説  英語勉強法  英単語  TOEIC 英検 英語学習  TOIEC  トーイック  TOEIC  英会話スクール  英単語  英字新聞 英語ニュース  TOEICコラム  TOEIC受験料値下げ

特定商取引表示プライバシーポリシー